たくさんのサプリメント

男性型脱毛症として、男性の抜け毛・薄毛はAGAという症状であるとされています。
遺伝や男性ホルモンによる薄毛のことで、女性には当てはまりません。

このAGAの特徴は、ヘアサイクルが短いこと。
髪の毛にはヘアサイクルがあり、休止期、成長期、退行期と3つの期間に分けられます。
この内成長期が一番長期間で、2年から6年とされています。
しかし、AGAの場合はこの成長期が数ヶ月から1年となってしまっているのです。
これによって、どんどんと髪の毛が抜けてしまい、薄毛が進行してしまうのです。

したがって、AGAの対策にはまずこのヘアサイクルを通常に近づくように伸ばすことが重要とされています。
髪の毛をしっかり成長させ、抜けにくくすることで薄毛を改善に導くのです。

抜け毛で悩んでいるのなら

抜け毛で悩んでいるのなら、まずは病院に行って診察をしてもらいましょう。
特に、男性型脱毛症であるAGAの場合は、薬で治すことが可能になっていますから、早めに治療をすれば髪の毛を元に戻すことも可能なのです。
また、男性型脱毛症は、その名の通り男性に現れる脱毛症のことです。
どうして男性に見られるのかというと、原因となる物質が男性ホルモンに由来したものだからです。
もう少し具体的に説明すると、男性ホルモンが酵素の働きによりジヒドロテストステロンになると、ジヒドロテストステロンは発毛を行う毛根の活性を奪ってしまうのです。
そうなると、髪の毛は抜けやすくなり、一度抜けてしまった髪の毛は、二度と生えてくることはありません。
要するに再生が期待できない抜け毛が起こるのです。
ですから、AGA対策は抜け毛対策と言えるのです。
AGAに有効な薬剤として、フィナステリド製剤が有名です。
そして、有効成分であるフィナステリドは男性ホルモンをジヒドロテストステロンに変える酵素を阻害して、毛根へのダメージを軽減しているのです。
ですから、フィナステリドは抜け毛を予防することができるのです。
ただし、フィナステリドには発毛効果が期待できません。
ですから、AGAを効率よく改善したいと考えるのであれば、発毛効果が期待できる薬剤と併用する必要があるのです。
発毛効果が期待できる薬剤として、ミノキシジル製剤があります。
ですから、フィナステリド製剤とミノキシジル製剤を組み合わせることで、より早い改善効果が見込めるのです。

アーカイブ
カテゴリー
オススメリンク
カレンダー
2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031